自然の中でキャンプをする…
それは、衣・食・住全てにおいて不便なことが多いということ。


自然にとって、子どもも大人も関係ない。
平等に多少の自然の厳しさを味わうことになります。

虫を追い払ったり、我慢しなくてはならなかったり、
急な豪雨や冷たい風に、工夫して耐えなければならない時もある。

ゲームも、テレビももちろんない。

でもだからこそキャンプの中で子どもたちは自然の「厳しさ」や「美しさ」、
「大切さ」などを学ぶことができます。

自然の中でのびのびと遊び、同世代の仲間と遊び、協調性や社会性を学びます。
そしてその経験は必ず思い出に残る大切なものになるはずです。


Soramame Outdoor Challengeとは、そらまめキッズツアーの中でも、危機管理を整えた環境の中で、最大限に自然を体感し、学び、全力で遊ぶキャンプのこと。

すぐに手助けはしない。
「まずは自分でやってみる」…チャレンジする気持ちをずっと持ち続けてほしい、

その強い想いから、新しいプロジェクトが2019年夏、始動します。

Soramame Outdoor Challengeで得る『生きる力』の4本柱

01.遊び方は自分次第 自然のなかでは遊び方もいろいろ。目の前にあるものを手にし、肌で感じて考える。自然の中で遊びながら、大きくなっていく「創造」の姿形を捉えていく。そこにある何かに気づいて、探して、考えて、大きくしていく。それは人が作り出したものではない『自然』の中だからこそ育つことだと考えます。
02.自力でチャレンジしてみる 自分のことは自分でする。口で言うのは簡単だけど、行動するのはちょっと難しかったりする。キャンプではどうやって遊んでも良いけれど、待っていればテントが建ったり、ご飯が勝手に出てくることなんてない。環境が変わることでそれまでの自分の甘さや自分で行動する大切さを学ぶことができます。
03.誰かに頼ってもいい それでもアウトドアでやるべきことのすべてを独りでこなすことは難しい。自分の手で難しいことは、独りでチャレンジするよりも力を合わせてみると意外と早くて簡単だったりする。コミュニケーションをとる。それは日常生活でも大切なことだと考えます。
04.予想外の状況に対応してみる 刻々と変化する自然。その度に、誰もが状況に応じて決断することが必要になります。人間がコントロールできない自然の中ではハプニングはつきもの。それを工夫してハプニングを楽しむことができるようになると、何が起きても動じない強い心を持つことができるようになります。

Soramame Outdoor Challenge Q&A

どの程度、生活面のフォローをしてくれますか? まずはお子さまご自身でチャレンジしていただきます。それでもご自身で難しい場合は、さらに時間をかけながら、ひとつづつ確認しながらスタッフと一緒に行いますのでご安心ください。但し、スタッフがお子さまの代わりに準備や片付けを行うことはしません。必ず『まずは自分で、できないことは一緒に』を行動の指針としています。
アウトドアが初めてでも申し込みできますか? お申込みされる方の約半数程度は日常キャンプを行わない、または初めてキャンプを行うお子さまです。どのS.O.Cも必ず各プログラムの実施前には安全講習(例:テント張りの説明等)を行いますのでご安心ください。
但し、アウトドアという環境上、限られた環境で生活することをご理解の上、お申込みいただくようお願いいたします。
アレルギーは対応できますか? 通常のそらまめキッズアドベンチャーと同様、基本的に対応いたします。しかしながら重度や多数のアレルギーをお持ちの場合、キャンプ中の調理は野外でお子さま方と一緒、もしくは弊社担当スタッフが行うため、安全上承れない場合がございます。必ず事前にS.O.C事務局(048-815-8755)までお問合せください
キャンプを実施する環境(施設)はどんな環境ですか? ツアーによって施設設備(常設トイレ有無・水道有無等)は異なります。環境は事前にS.O.Cリーダーが視察し、現地担当者や行政と調整を行い、各チャレンジに適切な環境を選定しています。
プログラムについては自然で遊ぶ体験のため、天候等の変化に注意し、プログラムの実施に危険な兆候が見られた場合は即時中止し、また万が一の事態に備え、船を利用する場合(無人島等)でも近隣の救急病院への迅速な搬送が可能な環境または体制を整えていますのでご安心ください。
危険に対しての対策はどうなっていますか? 自然の中で遊ぶ、学ぶという以上、危険を全て消すことはできないと考えます。この危険をいかにして最小限に留め、コントロールするかが大切です。
私たちS.O.Cでは事前の施設との入念な打ち合わせは元より、運営をするS.O.Cリーダー自身も救急法インストラクターをはじめ、自然で活動する上で重要な資格の各資格取得者であり、日々トレーニングと情報の更新を欠かしません。また安全は私たちリーダーやスタッフのみで作り出すことはできず、主体者であるお子さま自身にも「自分の身は自分で守る」という自己防衛意識を持っていただく必要があると考えています。何をどうして何を防げば安全に遊ぶことができるのか。その方法をしっかりとお伝えし、スタッフと一緒に体験することで自然から多くのことを学ぶ環境を作っています。

2019年夏休みは選べる4つのラインナップ!

基礎を学ぼう!そらまめ初級アウトドアキャンプ2days ★☆☆☆☆

そらまめリバーアウトドアキャンプ ★★★☆☆

夏の本格無人島アウトドアキャンプ ★★★☆☆

そらまめ南国無人島サバイバルキャンプ in 奄美大島 ★★★★★

※ ★の数はアウトドアレベルのバロメーター『チャレンジメーター』を示しています

初めてのアウトドア生活に挑戦!キャンプを一から知るビギナーズキャンプ

基礎を学ぼう!そらまめ初級アウトドアキャンプ2days 2019年8月24日(土)~25日(日) 1泊2日

初めてのアウトドアにぴったりのお手軽キャンプ◎テント張りや火おこしなど、アウトドアの基礎を楽しみながらゆっくりと学びます☆
アウトドアの基礎マスターだけではなく涼しい川遊びも行うよ!

チャレンジメーター ★☆☆☆☆
チャレンジプログラム *テントを張ろう! *飯ごう炊飯 *火おこし&カレー作り *テント泊 *川遊び

ツアー詳細☆お申込みはこちら!

旅をテーマに☆作ったいかだで全長20kmの川下り大冒険キャンプ

そらまめリバーアウトドアキャンプ 2019年7月20日(土)~23日(火) 3泊4日

川を自分たちで作ったいかだで下る、旅をテーマに冒険にでかかける4日間です!下る距離は総距離20km以上!!キャンプサイトでは協力しながら衣食住の全てを自分たちでやってみます★

チャレンジメーター ★★★☆☆
チャレンジプログラム *いかだ作り *いかだ遊び *川釣り
*アウトドアクッキング *バーベキュー
*テント泊 *川遊び

ツアー詳細☆お申込みはこちら!

毎年満席☆アウトドアの王様!無人島サバイバルキャンプ3泊4日

~いかだ作り・クッキング・遺跡宝探し~夏の本格無人島アウトドアキャンプ 2019年8月6日(火)~9日(金) 3泊4日

初めてのアウトドアにぴったりのお手軽キャンプ◎テント張りや火おこしなど、アウトドアの基礎を楽しみながらゆっくりと学びます☆
アウトドアの基礎マスターだけではなく涼しい川遊びも行うよ!

チャレンジメーター ★★★☆☆
チャレンジプログラム *無人島探検 *無人島生活体験 *いかだ作り・遊び
*海釣り&アウトドアクッキング *カレー作り
*海鮮バーベキュー *遺跡宝探し *焼印ストラップ作り
*テント泊 *ドラム缶風呂

ツアー詳細☆お申込みはこちら!

大型大冒険チャレンジ!秘境『奄美大島』で無人島生活体験!

2019そらまめ南国無人島サバイバルキャンプ in 奄美大島 2019年8月16日(金)~22日(木) 6泊7日

大型プロジェクト第1弾!自然豊かで国立公園にも指定されている南国の島『奄美大島』で無人島生活を体験しよう★決して普段の生活では体験することができない南国での無人島体験!無人島生活体験以外にも奄美大島伝統の体験も盛りだくさん行う6泊7日の長期チャレンジです!

チャレンジメーター ★★★★★
チャレンジプログラム *テントを張ろう! *飯ごう炊飯
*火おこし&カレー作り
*テント泊 *川遊び

ツアー詳細☆お申込みはこちら!

詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、事前にご確認の上、お申込下さい。
旅行条件書【募集型企画旅行条件書】

資料請求

資料請求をご希望の方はこちら

旅行企画・実施

株式会社 そらまめキッズツアー
そらまめキッズアドベンチャー
【本社・関東営業所】
埼玉県さいたま市浦和区高砂2-1-20日建高砂ビル3F
【関西営業所】
大阪府吹田市豊津町9-44 ハートランド江坂801号
【東海営業所】
愛知県名古屋市東区泉1-23-36 NBN泉ビル8F

●埼玉県知事登録旅行業第2-1079号●
社団法人 全国旅行業協会正会員

満席情報

お知らせ

  • オリジナルグッズ販売
  • まめ太の写真館
  • はじめての方へ
  • ツアー参加の流れ
  • そらまめキッズとは
  • よくある質問
  • お友達紹介制度
  • 引率紹介
  • お客様の声
  • 安全管理体制

PAGE TOP